キレイモ 吉祥寺

キレイモ 吉祥寺店脱毛コラムその22

 

女性にとってムダ毛のお手入れはとても重要ですよね。
きれいに脱毛したいけど、脱毛サロンにはいちいち行っていられない、という人も多いかと思います。

 

自宅でカミソリや脱毛剤などを使って脱毛する方法は一般的ですが、正しくケアしないと肌トラブルにつながることもあります。
自己処理で脱毛する場合に、よくあるトラブルと対処法についてご紹介します。

 

カミソリや毛抜きでの脱毛

 

最も手軽な脱毛の仕方は、カミソリや毛抜きで地道にムダ毛を処理する方法だと思います。

 

しかしカミソリや毛抜きを使うと、肌荒れや赤み・かゆみのもとになることがあります。
また、抜く時に痛みがあったり、刃がすべって傷ができてしまうこともありますよね。

 

赤み・かゆみなどの炎症への対処法は、まず第一に冷やし、保湿することが大切です。
特にカミソリを使う時は、剃る前も後も肌に潤いを与えることを意識するといいと思います。

 

専用のシェービングフォームやジェルを使うことで、カミソリと肌の摩擦を軽減し、炎症を予防することができます。
さらに、剃った後はボディローションなどでしっかりお肌をケアしてあげましょう。

 

毛抜きを使った場合、実は肌が大きなダメージを受けています。
放っておくと細菌感染や埋没毛になりやすいので、肌を清潔に保ち、しっかりと保湿をして肌を柔らかく保つことが大切です。

 

冷やしたり時間を置いたりして赤みや炎症が治まったら、スクラブなどを使ってマッサージをし、さらに保湿を続けましょう。

 

脱毛ジェルやパックでの脱毛

 

ジェルやパック、テープなど、さまざまな種類がある脱毛剤。
値段も手頃で、ドラッグストアなどで簡単に買えるので、自己処理をする若い女性を中心に人気の脱毛方法になっていますね。

 

特に人気なのがクリームタイプの物ですが、特殊な化学反応で毛を溶かすようになっています。
化学薬品の一つなので、肌には負担がかかりやすく、かぶれたり炎症を起こしたりすることもありますので注意が必要です。

 

対処法としては、まず使う前に目立たない箇所で肌に合うかどうかを試してみてください。
かゆみや赤みが出たときはまず冷やし、しっかり保湿してしばらく肌を刺激しないことが重要です。

 

テープやワックスタイプの脱毛剤は、一気に広範囲のムダ毛を処理することができ便利ですが、強い痛みや肌のブツブツ、腫れなどを伴うことがあります。
正直、私には無理です(^^;
ブツブツはつぶしたりかいたりしないこと、腫れは皮膚を清潔に保ちつつ保湿することが大切です。

 

一番トラブルの少ない自己処理方法は

 

脱毛は剃るにしろ抜くにしろ、肌への負担がかかります。
しかしできるだけ肌に優しい方法がいい、という人には、電気シェーバーがおすすめです。

 

最近では敏感肌の人用の機種も多く発売され、カミソリで剃るよりきれいな素肌になることができます。
電気シェーバーを使わない場合でも、アフターケアを入念にすることで、肌のトラブルを防ぐことができるのです。

 

それでも・・・という方には正直、脱毛サロンをおすすめします。

 

手間がかからないので、私はキレイモ 吉祥寺店でしっかり脱毛です(^^)

 

>>キレイモの予約はこちらからできますよ♪